陰陽と五行の考え方

陰陽五行説


[陰陽の対立と補法] 

 

 

 

 

[人体の陰陽バランス]

五行説


[五行の相生、相克&人体における五臓の配置]

 

五行説は、中国医学の理論を支える自然観のひとつで、万物は「木」「火」「土」「金」
「水」の5つの元素から成り立っているという考え方です。
この5つの元素の間には、助け合う関係と抑制し合う関係があり、その生滅盛衰によって天地万物が変化、生長するという考えです。
漢方の基本理念はこの五行説で、森羅万象に起きるすべての現象や人体の組織器官、精神活動などの変化を五行を用いて説明しています。(五行色体表を参照)

 

五行色体表

 

五行
五季 長夏
五方 中央 西
五臓
五腑 小腸 大腸 膀胱
五色
五根 耳(二陰)
五支 顔面
五体 血脈 筋肉
五味

 

 

漢方五臓(五腑)の働き
漢方でいう「五臓」は現代医学の「臓器」とは異なります。現代医学の臓器は実質的な器官を意味しますが、漢方理論の「五臓」は実質的なものではなく、機能的な働きを指します。そして五臓の助手的な内臓に五腑があります。臓と腑が一体になって互いに助け合いながら生命を維持しているのです。

 五臓【五腑】・・・表裏一体
 肝【胆】  :情緒系中枢・自立神経系(血管運動神経系も含む)・運動神経系・
        肝臓の部分的機能。
 心【小腸】 :心臓のポンプ機能・大脳皮質を中心とする高次神経中枢。
 脾【胃】  :消化器系・多くの水分代謝・末梢循環
 肺【大腸】 :呼吸器系・皮膚機能・末梢の体液平衡
 腎【膀胱】 :生命維持機能・内分泌・泌尿生殖器系・神経系


【気・血・水(津液)】 ・・・人体を構成する基本物質
気・血・水(津液)とは、人体を構成する基本物質とみなされ、生命活動を維持します。
気は機能を指し、陽に属し「陽氣」ともいいます。血・津液は物質的なものを指し、陰に属し、「陰液」ともいいます。
気・血・水(津液)のどれかが過不足や停滞を起こすと、「気虚」、「気滯」、「血虚」、「瘀血」、「痰飲」(水滞)などの症状に陥り、さまざまな不調があらわれます。根本から改善しなければ、長期にわたって身体に痛みや不快感をもたらす慢性病(未病)になります。