東洋医学と日本漢方

東洋医学とは
中医学とは       どこが違うの??
漢方とは

 

[東洋医学]
広義の東洋医学―― 東南アジア諸国の伝統的な医学です。
例えば、イスラムのユナニ医学
    インドのアーユルヴェーダ
    チベットのチベット医学
    中国の伝統医学(鍼灸・漢方薬を指す)など
   

狭義の東洋医学= 中国医学(略、中医学)
例えば、鍼灸(鍼とお灸) 経絡に基づく
    薬草(漢方薬)  生薬や湯薬を用いる
    按摩(推拿など) 経絡やツボマッサージ
    導引(呼吸法) 
    拔罐(吸い玉)
    導引(呼吸法)
    気功(呼吸法)
    太極拳  など

 

[日本の漢方医学の起源]

・西暦5世紀半ばから朝鮮半島(「韓医学」と呼ばれていた)を経由して日本に伝えられまし
た。又、中国の僧、鑑真によっても日本に伝えられました。
・平安後期から、日本独自の診断や処方が加えられ、日本流の漢方医学が成立し、江戸時代に全盛期を迎えました。また、オランダから伝えられた蘭方医学(西洋医学)と区別するため、中国から伝えられ、日本独自の発達を遂げた医学を「漢方」医学と改めました。